メグラスについて

WHAT'S MEGLUS

メグラスって?

メグラスは、介護施設を運営するソーシャルベンチャー。
医療を強みに、「その方らしい人生づくり」を
お手伝いするためのサービスを行っています。

いま計画しているのは、
もっとワクワクできるような施設やサービス、新事業のこと。

介護の枠をこえて、世の中によいめぐりを届けるために。
熱い思いと高いポテンシャルを持った仲間が集まり、
急激なスピードで成長中です。

メグラスの取り組み

行動指針

働き方に、思いをめぐらす

社員みんなが同じ方向を見て働けるように、行動指針を定めています。

育もう! 信頼を

信頼をメグラスの土台にしよう。
相手の立場で考え、相手の声に耳を傾ける。自分の考えを裏表なく声に出す。
そして関わる全ての人と社会に誠実に向き合い、信頼を育むことを大切にしよう。

描こう! 未来を

未来から考えて、たくさんのワクワクを生み出そう。
先入観にとらわれず、目的思考で大胆にあるべき姿を描き、オーナーシップを持って行動しよう。
「まずやってみる」「できる方法を考える」「チャレンジする人を応援する」ことを大切にし、
遊び心を忘れずに、常に自責で考えることで自分の成長を楽しもう。

進もう! チームで

チームの中で自分らしさを出そう。『チームメグラス』*1の視点を持ち、
理念に共感するみんなの「らしさ」を活かし合おう。
1人の100歩より100人のn歩。チームのための『エクストラ10』*2を互いに認め合おう。

*1チームメグラス…部門や職種、立場などに捉われた部分最適ではなく、全体最適で考えること。

*2エクストラ10…業務時間数の最大10%(週に半日)を、決められた業務以外の業務に、自分の意思で使うことができる。

伝えよう! 思いを

いいこと、困りごと、様々な取り組みや成果を積極的に発信しよう。
いいことをシェアすれば感動が生まれ、困っていることをシェアすれば、みんなで一緒に解決できる。
思いの連鎖でエネルギーを生み出し、よいめぐりにつなげよう。

「きっちりやる!」 もたいせつに

らしさを大事にしながらも、あたりまえにやるべきことはあたりまえにきっちりやろう。
一人ひとりが一隅を照らす行動*3を大切にしよう。

*3 注目されるような仕事や役割でなくても、自分の持ち場でひたすら打ち込み努力し、最善をつくす行動。

女性が働きやすい環境

女性社員に、思いをめぐらす

メグラス社員の約7割が女性。結婚や出産をしても働きやすい環境づくりに取り組んでいます。

  • 認可保育室を併設
  • 産育休制度、看護休暇、アニバーサリー休暇あり
  • 子ども一人あたり総額200万円以上の手当[各種祝い金・学費助成など]
  • 短時間社員制度・フレックスタイム
職場にある保育室に預けられるので安心です。

名古屋市から認定されました!

名古屋市子育て支援企業認定
名古屋市
子育て支援企業認定
名古屋市女性の活躍推進企業認定マーク
名古屋市女性の
活躍推進企業認定マーク

トヨタ式カイゼン

課題改善に、思いをめぐらす

トヨタ自動車の生産性向上法「トヨタ式カイゼン」を導入。
それに伴い新設した「改善支援グループ」の5名の専任メンバーが日々カイゼンをサポートしています。

Before

いろんなモノがあふれ、欲しいモノを探すのに一苦労。余計な時間がかかっていました。

After

オリジナルの収納カウンターをつくり、モノを探す手間をカイゼン!見た目もスッキリして、気持ちもラクになりました。

働き方改革

プライベートに、思いをめぐらす

残業を減らし、休日を増やすことで、社員一人当たりの生産性をアップさせ、
ワークライフバランスの向上や給与アップへとつなげていきます。

  • 「ゼロ残業」絶賛推進中!月の残業時間平均10時間未満
  • 「100%有給消化」絶賛推進中!有給休暇の計画的付与
  • 年間休日128日挑戦中!医療・福祉の1企業平均年間休日総数110.8日(※)

※2017年 厚生労働省「就労条件総合調査の概況」による

週3日勤務し、それ以外の時間を使い、自ら起業する社員も。
時短正社員として働き、子どもとの時間を大切にしています。

サークル活動や七夕パーティーなど、社員同士の交流も盛んです!

CCC制度
[Chance of Changing Career]

キャリアプランに、思いをめぐらす

社員の異動希望を叶える制度。「何ができる?」より「何をしたい?」を大切にし、
一人ひとりのキャリアプランに寄り添っています。

  • 異動希望は100%叶えます
  • 年2回の異動希望調査

「CCC制度」を活用した社員たち

介護スタッフ

総務・エンターテイナー

介護スタッフ

改善支援グループ長

介護スタッフ

広報・デザイナー

メディア掲載・広報PR

ブランディングに、思いをめぐらす

業界をけん引するリーディングカンパニーになるために、新しい取り組みや考え方をメディアでPRしています。
また、代表・飛田が「イクボス塾」などで講演することも。

〈メディア掲載実績〉

  • 中部経済新聞「介護施設でカイゼン」(2017.9)
  • 注目の西日本ベンチャー100に選出(2017.5)
  • 日経WOMAN 「女性活躍推進が企業・地域のさらなる活性化へ」掲載(2017.4)
  • 日本の介護ビジネスの未来を応援するメディア「HELPMAN JAPAN」掲載(2016.12)ほか
シルバー産業新聞にて、ユニ・チャームメンリッケ株式会社の森田代表と弊社代表・飛田が対談。
「イクボス塾」に登壇する代表・飛田。弊社の意識改革についてのノウハウをお伝えしています。

かたみら
[かたろう!みらいを]

未来に、思いをめぐらす

社員の声をダイレクトに経営陣に伝える仕組み。行動指針の「語ろう!未来を」から名付けています。

  • 社員一人ひとりが直接提案できる
  • ポジティブなことだけでなく、ネガティブなことでもOK

まだまだ発展途上なので、これからもっと改良予定!

「かたみら」の事例
【事業部門 グループ長 菅さんの声】

メグラスのビジョン『「誇り」「自信」「お金」を倍にすることで まずは社員がしあわせになり そのしあわせをお客さまや社会へめぐらせます』の中の「誇り」を倍にするためには、健康対策が必要!そのために介護の現場で多い腰痛の予防や、メンタルケアをしていきたい。

「かたみら」担当と菅さんで、どんな健康対策をするか相談。話し合った結果、簡単にできる腰痛の予防法「腰痛体操」を導入することに。

定時に社員みんなで「腰痛体操」を実施。「腰がスッキリする」「こんなに簡単なんだ!」と大好評です。

テクノロジー × 介護

最新技術に、思いをめぐらす

介護の現場でよく聞く「負担が大きい」「ニオイなどが気になる」といった悩みをテクノロジーの力で解決するために、
最新技術を積極的に導入しています。

入居者さまの行動をセンサーで検知する「ICT見守りシステム」導入。スタッフが付きっきりにならずにすみます。

スウェーデン生まれの「TENA(テーナ)」のおむつ導入。着のように動きやすく、外から見て交換タイミングがわかるため、オムツ交換の負担が減ります。

おむつ密封パックシステム「エコムシュウ」・アロマディフューザー「オムニ」導入。ニオイや館内感染を防ぎます。