キャリアパス座談会

DISCUSSION
やりたい仕事ができるから、こんなに楽しい。

介護スタッフから、サポート部門へ。
介護業務を経験後、自身の強みを活かして新しい領域で輝きを放つ山中、橋爪、天野の3人に、
それぞれのキャリアステップや今後の展望などを聞いてみました。

まずは、メグラスに入社したきっかけを教えてください。

天野
僕は大学で福祉を学び、サークルでは児童分野・障害分野のボランティア活動を行ってきました。高齢者福祉の分野はわからないことが多かったため、「医師のカンファレンスを受けることができる」という部分に興味を持ち、入社を決めました。ここで働くことで、障害者と高齢者の「両方の味方」になれると感じたんです。
橋爪
私は福祉とはあまり関係のない外国語学部出身なのですが、学生時代に経験した東北でのボランティア活動を通じて、高齢者福祉の領域に興味を持ちました。メグラスなら介護の経験を積め、さらにプラスアルファの部分で活躍できるフィールドがあると感じました。
天野
復興支援のボランティアをしていたんだね! 僕も当時、行きたい気持ちはあったんだけど、人生経験を積むというスタンスになってしまうのが恥ずかしくて参加を見送ったんです。今なら胸を張って参加できますけどね。
山中
私の場合は、以前は海外アパレルブランドで店長をしていました。実は、メグラスを知ったきっかけとなったのは母の病気。あんしんせいかつに見学に訪れたことで社長の飛田さんとの接点が生まれ、「この会社で働きたい!」という思いが湧いてきました。この会社なら、自分らしくイキイキと働ける気がしたんです。

入社後のキャリアパスについて教えてください。

天野
僕は入社2年ほどで介護スタッフのグループ長になり、そこから約3年を過ごしました。ちなみにグループ長1年目と3年目には「スタッフ満足度アンケート」全社1位を獲得することができたんです。僕自身に豊富なマネジメントスキルがあったわけではないのですが、「フロアの雰囲気をよくしたい!」「いつでも話しやすい環境にしておきたい!」と常にアンテナを張っていたのをサポート部門のトップである羽田さんが見ていてくれて、「みんなを楽しませたり、モチベーションを上げることを仕事にしてみないか?」と誘っていただいて現在のポジションに就くことができました。今は総務&エンターテイナーとしてイベントの企画・運営や、福利厚生の見直しなど、会社を楽しくする環境づくりに邁進しています。
橋爪
私は入社2年目なのですが、実は、今年に入ってから仕事をやめようかと悩んでいたんです。「このままでいいのかな?」と自分を見つめ直す期間があって、グループ長にも退職の相談をしていました。そんなタイミングで羽田さんから「デザイン業務をやってみないか?」とお声がけをいただいたんです。学生時代のボランティア団体では広報担当としてFacebookの運営や情報誌の発刊などを行っていたので「せっかくならやってみよう!」とチャレンジしてみることにしました。ちょうど異動のタイミングでブランディングチームができたため、現在はそこに所属しています。
山中
橋爪さんは悩んでいた時期から異動するまでの期間がすごく短かったですよね!? そんなイメージを持っています。
橋爪
そうですね! 2ヶ月くらいの間に、異動やブランディングチームの立ち上げが決まりました。
山中
私は入社してもうすぐ3年になるんですが、はじめの1年半ほどはあんしんせいかつ葵の各フロアで介護の業務を行っていました。そしてある時「トヨタ式カイゼンを社内に導入するため、専属メンバーを社内公募します」という通知がまわってきたので、あまり深くは考えず「おもしろそう!」と応募しました。それがきっかけで改善支援グループへの異動が決まり、現在はグループ長として活動しています。印象深かったのが、立ち上げ時に飛田さんがメンバー全員と個別面談して「なぜあなたに決めたのか?」という理由を丁寧に伝えてくれたことです。自分の必要性を理解したうえで動ける環境をつくってくれたことがとても嬉しかったのを覚えています。

現在の仕事のやりがいと、これからの展望を教えてください。

橋爪
私は、立ち上げから間もない部署ということで、環境を自ら作っていけることにやりがいを感じています。また、現在は「広報担当者養成講座」に毎週通っているのですが、かかる費用はすべて会社が負担してくれています。講座で吸収した専門知識を活かし、発信力のある会社にしていきたいと思っています。
山中
先日は、業務改善の取り組みをFacebookで発信してくれましたよね! あれ、とっても嬉しかったです。またぜひ取り上げてくださいね!
橋爪
わかりました!
山中
私の場合は、介護スタッフをしていた頃は自分のフロアのことだけを考えることが多かったのですが、カイゼンを通じて会社全体の視点で考えることができ、実際に変化を起こせていることにやりがいを感じています。今の私には、トヨタ式カイゼンを社内に広げていく責任があります。改善支援グループがなくても、カイゼンについてみんなが考え実行できる状態に1日でも早く到達することが、直近の目標だと考えています。カイゼンって、物事をよい方向にあらためていく作業なんです。将来的には、どの分野であっても物事をよい方向に考え、変えていける人を増やしていきたいですね。
天野
僕はイベントにおけるeNPS(所属する会社への満足度を計測するリサーチ方法)のスコアが高かったときにやりがいを感じます。そしてその結果をもとにPDCAサイクルを回していくことも大好き。会社のみんながどうすれば働きやすくなるのかというアイデアもどんどん出てきています。メグラスにはイベントごとがまだまだ少ないと感じているので、もっともっと実現していって、ここにいるみんなが気持ちよく仕事に取り組める環境づくりをしていきたいと考えています。
天野 琢也

天野 琢也

総務・エンターテイナー / 2011年入社

同朋大学 社会福祉学部中退。メグラスのマスコットキャラクター的存在で、みんなの和ませ役。趣味のロードバイクでは、1日に150kmを走破したりエンデューロ(自転車耐久)レースに参加したりしている。

山中 恵梨

山中 恵梨

改善支援グループ長 / 2014年入社

長年培ってきた接客業のスキルをメグラスでも大いに発揮。プライベートではトリミングサロンやドッグランへのお出かけなど、愛犬と過ごす時間を何よりの楽しみにしている。

橋爪 花奈

橋爪 花奈

広報・デザイナー / 2016年入社

名古屋学院大学 外国語学部卒業。学生時代の復興支援ボランティアで培った広報業務の経験を活かし、メグラスのブランディングを牽引。デザイン・ウェブなどの広報業務と介護業務の両立を叶えている。