インタビュー

INTERVIEW
同朋大学で講義を行いました!

【新卒インタビュー】

「介護業界に行く気はさらさら無かった」

と語る新卒1年目の今井さん。

しかし、弊社代表の飛田と会い、

「お金のために働いている人たちとは絶対に違う」

と、確信したそうです。

「僕、ほんとは介護業界行く気はさらさら無くて」

質問者

今井さんにとってのやりがいは何ですか?

今井

「ありがとう」と言ってもらえることですね。

ご利用者さまやそのご家族さまにそう言われたときに、自分も社会の一員になれたのかなって。

全部、もう何をしても「ありがとう」と言ってくれる人もいますよ。

質問者

入社の決め手はありますか?

今井

僕、ほんとは介護業界行く気はさらさら無くて。

就職活動で介護を受けたのはこの会社だけなんですよ。

なぜここだったのかというと、飛田さんが合うと思ったんですよね。

お金のために働いている人たちとは、絶対に違うなと。

介護業界は今後必要になりますし、将来性も含めてここにしました。

説明会に行って「ここかもしれない」と感じました。

質問者

なぜ介護業界を志望しましたか?

今井

福祉系の大学ということもあって、介護の現状の悪い点も知っていて、「これはどうにもならない」って内心諦めていたんですよね。

けど、説明会に行って「ここかもしれない」と感じました。

良い人ばかりでした。

質問者

社内でのビジョンはありますか?

今井

僕に色々教えてくれた人が今はグループ長になって。

まずはその人を支えていければなと思ってます。

将来的には僕もグループ長としてひとつのフロアを任せて頂ければなと。

「任せられてるなって非常に感じますね」

質問者

忘れられないエピソードはありますか?

今井

大好きなご利用者さまと出会えたことです。

この施設で息をお引き取りになりました。

人生の最後の立ち会えることは特別ですよね。

最近、介護施設は4つ目の人生だと思うんです。

幼少期、働いてる時代、老後の3つの人生があって、で、介護施設は老後の先の4つ目の人生だと思ってるんです。

施設内での他のご利用者さまとの関わりなどの、新しい環境での新しい生活を提供できればなと。

質問者

フロアの雰囲気はいかがですか?

今井

すごいいいですよ。

ほんとに一体感がある。

若手も多くて、コミュニティに入りやすかったです。

良い人ばっかりで壁を感じなかったです。

質問者

入社して1年が経過しようとしていますが、仕事の変化はありましたか?

今井

今では夜勤もやってます。

任せられてるなって非常に感じますね。

若い人でも機会を与えてくれると思います。

若手内では、口には出さないけど、負けてられないぞっていう空気がありますよ(笑)

「いろんな会社を見てほしいですね」

質問者

学生時代は何に取り組んできましたか?

今井

地域のゴミ広いなどのボランティア活動はしましたね。

質問者

ズバリ、就活でやっておくべきこととは?

今井

いろんな会社を見てほしいですね。

あんまり興味がなくても、意外と自分に合ってたりするので。

介護もそうだと思います。

僕自身もあまり考えていなかったですね。

あと、単位をちゃんと取れよってことですね(笑)

今井泰斗

今井泰斗

介護スタッフ / 2017年入社

日本福祉大学 社会福祉学部卒業。趣味は「映画鑑賞」。毎週映画館にいくほどの無類の映画好き。介護業界に入ってからは休日には「介護」をテーマとした作品をTSUTAYAでレンタルし鑑賞している。