スタッフブログ

blog

インタビュー

【新卒インタビュー】塩脇みなみ

社名変更のお知らせ

「仕事が楽しくて仕方ない!」とでも言わんばかりに、

いつもオフィスをパワフルに動き回っている塩脇みなみさん。

インタビュー中でも笑顔を絶やすことなく、

塩脇さんの周りには明るい空気が漂っています。

 

「医療」が整ったところにしたいと思い、ここにしました

質問者

塩脇さんにとっての「やりがい」はどこにありますか?

塩脇

今従事している「営業グループ」の方でいいますと、

病院さんや(*)居宅さんのところへお話に伺った際に、

メグラスや私に興味を持って頂けたんじゃないかな、と思ったときですかね。

(*)「居宅」とは、居宅介護支援事業所と呼ばれる事業所のこと

「相談グループ」のほうでは、

スタッフさんから「しおちゃんしおちゃん」と声をかけてもらったりとか、

何かあったときに頼ってもらえたりしたときが嬉しいですね。

ご利用者さまの生活を支えるスタッフの気持ちに余裕がないといけないと思うので、

やっぱりスタッフさんに頼ってもらえると、めっちゃ、ありがたいです(笑)

 

楽しいですね。大変さよりも楽しさが上回るし、得るモノが多いです。

スタッフさんとの絆もそうだし、ご家族とのお付き合いもそうですし、病院さんとの関係もそうです。

質問者

大変だったことはありますか?

塩脇

あんまり辛いことってないんですよね。

結局、自分がうまく動けなかったことでみんなに迷惑かけたりした時とかが辛くて。

自分の知識不足もそうですし。

ここまでいけばよかったのに、ここまでしかいかなかった、とか。

自分のふがいなさとか。

自責(自分の責任として捉える)の考え方をしているんですかね。

質問者

入社の決め手はなんですか?

塩脇

私、大学で社会福祉の勉強をしていて、

元々おじいちゃんおばあちゃん子だったのもあるので、

ご高齢の方と関われたらいいなと考えていました。

ただ、やっぱりご高齢の方って何かしらの病気を持ってるんですね。

医療が必須な場合が多くて。

自分がご高齢の方と関わるなかで、

一番大切な「医療」が整ったところにしたいと思い、ここにしましたね。

メグラスは医療体制がしっかりしていると思います。

質問者

相談員の仕事とはどんなものなのでしょうか?

塩脇

今その方が必要としてしているモノ・こと・人を、

ご利用者さまへ繋ぐパイプラインみたいな感じですかね。

介護に関係する多くの人がより良い生活をできるようにしたい。

ご家族もご利用者さまも、スタッフさんも病院さんも外部の人も、そうですよね。

みんなから「しおちゃんしおちゃん」と可愛がってもらって(笑)

質問者

忘れられないエピソードはありますか?

塩脇

私は「葵」から「内山」に移ったんですけど(葵、内山とも弊社施設名)、

そのときに、今まで関わった人たちかやご家族さまが、

「え~、行っちゃうの~!!」、「早く帰って来てね!」って言ってくれたことが

嬉しいですね。

それはよく覚えていますね。

あと、「葵」に再び行けば、「あ…!!!」みたいに反応してくれて。

やっぱり嬉しいですね(笑)

質問者

フロアの雰囲気はいかがですか?

塩脇

どっちかといえば、営業先より、会社にいることが多いんですけど、

「ケアスタッフ」をやってると、スタッフさん、ご利用者さま、ご家族さまだけでしたが、

「相談員」に行き始めて、ナースさんとかリハビリさんとか医事さんとか事務さんとか経理さんとか、本当にお世話になるし、関係するところがすごい広がりました。

なおかつ職場でみんなから「しおちゃんしおちゃん」と可愛がってもらって(笑)

みんなで頑張っていこうという空気があって、……いいですね(笑)

質問者

学生時代は何に取り組んできましたか?

塩脇

バイトかな。福祉とは関係ないんですけど、薬局でバイトをしてました。

そこで敬語の使い方とかお客様への対応の仕方とかを学んで。

ただ漠然とレジするのが嫌だったから、お客さんと仲良くなろうかなと思いました。

話しかけたりして、「髪切られました?」とか(笑)

 

あるとき怪我をして来られた方がいて、

「大丈夫ですか?」って尋ねたら、「大丈夫です~。ありがとうございます~」って言ってその日はお帰りになりました。

その後何日かしたら「治ったんですよ!」とレジまで来てくれて。

バイトはただお金をもらうって考えるんじゃなくて、

楽しみを増やしたいな、仲良くなりたいなとか思っていました。

そこで、人と関わるのがすごい楽しいなって。元々めちゃくちゃ人見知りで。

でもバイトの経験から案外人と話すのが楽しいなって思い始めました。それから知り合いを作っちゃいました(笑)

バイトの存在って大きかったですね。顧客の心を掴むじゃないですけど(笑)、今に繋がっているし、良い選択をしたと思います。

塩脇みなみ

塩脇みなみ

事業部門 営業相談課 / 2016年

愛知教育大学 臨床福祉心理コース卒業。「塩ちゃん」の愛称で通っている。保育園の園児さんも同じ愛称の方がおり、メグラス内では「塩ちゃん」と呼ぶと二人が振り向く。相談員塩脇は今日も笑顔を忘れず走り回ります!