スタッフブログ

blog
  • ストーリー

サポート部門長会議を実施しました

毎月開催されるサポート部門長会議では、
会社の理念実現のため、全サポート部門長が
ひと月の活動を報告し、今後の計画を共有します。

11月はいつもと会場を変えて開催しました。
ゆったりとしたBGMも流れ、新鮮な空気が流れる中、会議に臨みます。
はじめの「今までで一番輝いたエピソードを披露する」という
アイスブレイクでは、参加者がグループに分かれ、
それぞれ和気あいあいとした雰囲気で自由に語り合いました。

参加者がリラックスしたところで、
全社動向を経営企画室 室長の羽田が説明しました。
一時間当たりの付加価値が50%以上向上したこと、
多数の昇格者が出たことなどを共有し、皆さん真剣に聞き入っていました。

その後、MBO(目標管理制度)シートの進捗を
それぞれのサポート部門長が発表し、
普段はあまり関われない他部門への理解を深めました。
部門ごとに前向きなコミットをして
ともに高め合う意識を確認しました。

次に「エゴグラム」のワークショップを実施しました。

これは性格適性の検査で、質問に答えた上で
主な性格を5つに分け
(支配的な親・教育的な親・合理的な大人・天真爛漫な子供・従順な子供)
どれだけ反応が大きかったかをグラフ化することで
自己分析ができます。

参加者は前のめりで取り組み、
積極的に自己理解に努めていました。
自部門でも「エゴグラム」を取り入れ、
「管下へのアプローチを考えたい」との声もありました。

「楽しい会議」の体現を目指し、
これからもサポート部門長会議を開催していきます。

ブランディングG 山科