代表メッセージ

MESSAGE

出る杭をひっぱりあげるのが、ぼくの役目。

はじめまして。メグラス代表の飛田です。
ぼくはもともと内科医をやっていました。
思うところがあって勤め先の病院を辞め、アメリカ留学してMBAを取得。
コンサルティングファームで経営を学び、この会社をつくりました。
(この辺りについて詳しく知りたい人は、コーポレートサイトで語ってるので読んでみてください)

ぼくが経営者としていちばん大切にしているのが、
「社員が働きやすいか」「ワクワクできるか」ということ。
たとえば、新しく介護施設をつくる時は社員が通いやすい場所に建てるし、
保育事業を立ち上げたのも、子どもを持つ社員に安心して働いてもらうため。
「こんなことがやりたい!」という声が上がったら
「じゃあ、やろう!」というスタンスでどんどん任せていくし、
社員に決定権を託しているから決裁スピードもめちゃくちゃ早い。
うちの社員はみんな「自分が会社をつくっていくんだ!」という気持ちで
モチベーション高く、ワクワク働いています。
もしもあなたが入社したら、たぶんエネルギー量の高さに驚くと思う(笑)

そうやって社員がやる気とやりがいを持ってワクワク働けると、
お客さまへのサービスの質が上がる。
ポジティブな気持ちやワクワクが伝わっていく。よいめぐりができていく。

だからぼくは、エネルギーレベルの高い人に入社してほしい。
ぼくにダメ出しされたら「ムッ」とするくらいでちょうどいい。
それって真剣だってことだと思うから。ヤンチャでも、ガキ大将でもいい。
そういう人はメグラスにフィットするし、
自分自身でも驚くくらい成長できると思います。

代表取締役

飛田拓哉

PROFILE

2001年に名古屋大学医学部卒業。
聖路加国際病院にて総合内科・緩和ケア・在宅診療に5年間従事し、
米国ミシガン大学に留学し、MBAを取得。
帰国後、外資系コンサルティングファームを経て、
株式会社メグラスを設立。